【サ活の心得】リラックスして脳疲労が回復する『サウナ』のととのう入り方とは?

生活習慣
当サイトの運営者

元J-NETWORKスーパーバンタム級チャンピオン。
『クロスポイント吉祥寺』所属。
現役17年目のベテランキックボクサーです。
格闘技を通し学んできたパフォーマンスアップ(体力、脳力、マインド)の方法を読者のみなさんにお伝えしていきます。

炎出丸(ヒデマル)をフォローする

こんにちは

ベテランキックボクサーの炎出丸(ヒデマル)です。

みなさん日々の生活でやることが多すぎて『も〜何も考えたくない』って時ありませんか?

炎出丸(ヒデマル)
炎出丸(ヒデマル)

私もたまに予定を詰め込みすぎてそんな時があります。

例えば仕事でミスや物忘れが多くなり始めたら気をつけてください。

それは脳の疲れ。

放っておくと身体を壊すリスクも出てくるので早急の対処が必要です。

実は脳の疲れってサウナで回復させることが出来るんですよ。

サウナ行ったことがある人なら分かる感覚かもしれませんが”なんか心も体もスッキリ”しますよね。

そこで今回はなぜサウナで「脳疲労が回復する仕組み」「脳疲労のとれるサウナの入り方を解説していきます。

この記事を読むことで脳の疲れを癒すサウナの効果的な入り方を知ることが出来るのでぜひ最後までお付き合いください。

サウナで体と脳がととのう!

私は疲れたなぁと感じている時やリラックスしたい時などにサウナに行きます。

多くの人もリラックスやスッキリしたいと言った目的でサウナに行くのではないでしょうか。

「サウナで整う」とか「整いました」とかはよく聞きますよね。

しかしサウナの具体的な健康効果を知ってる人は意外と少なかったりする。

そこで今回はサウナの効果や正しい入り方を解説していきます。基礎知識を知ることでよりサウナを楽しむことができるようになるでしょう。

自分だけのドメインをGET

サウナ(サ活)で脳疲労が回復!


サウナは冒頭でも書いたように『脳疲労』を回復させるのに有効な方法です。

他にもたくさんのメリットはありますが、今回は脳疲労に注目して解説していきます。

とくにこんな感覚が思い当たる人にはサウナは最適。

  • 布団に入っても仕事のことが気になって寝付けない
  • 脳が重たい感じで集中力が持続しない
  • 忙しすぎて、ちょっとしたことでイライラする
  • ぼーっとしていても考え事が止まらない

仕事で忙しいビジネスマンには思い当たることが多いかもしれません。

ではなぜ脳疲労がとれるのか?

次のステップで具体的に説明していきましょう。

サウナのヒートショック効果が脳のゴミを取り除く!

サウナの高温の中に入ると交感神経が優位になり神経が高ぶった状態になります。


するとこの危機的状況では脳を働かせる暇がなく、脳の活動が一気に抑えられるので強制的に脳を休ませることができる。

サウナでこの危機的環境を作り出して脳を強制的に休ませていくことで、普段フルで使っていた脳が休息し不安や悩みごとが消えて行くという訳です。

人間の脳は実は何も考えていなくても80%ものエネルギーを消費しています。つまり脳がアイドリングしているだけで勝手に脳が疲れていきます。この勝手に疲れる脳を休めるためにはサウナが最適!サウナでは熱い環境に適応するために脳が働きますが処理する情報としてはとても少ないために脳がごちゃごちゃ考えられなくなり、結果として脳が休まります。

十勝サウナ協議会/サウナの医学


脳疲労のとれるサウナの入り方

それはでは脳疲労のとれるオススメのサウナ入浴法をご紹介します。

サウナ→水風呂→外気浴

の流れです。

1.先ずサウナの暑さの中で脳をオフにします。
2.次に水風呂の冷たい水のなかに入ることで身体は厳しい環境に適応しようと総動員します。
3.そして最後に外気浴を行なうことで身体は危機的状況を脱したと判断して身体が整ってくれます。


現代はストレス過多な社会なので、無理やりでも脳を休ませてあげることはすごく重要。


仕事で行き詰まった時にはサウナの交代浴はオススメの休息方法です。

※医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?

サウナの話がもっと詳しく知りたい方はこちらの本を読んでみてください。

脳のゴミをサ活(サウナ)で取り除こう!

いかがでしたか?

仕事に追われて忙しい日々をなんとなく過ごしていると気づかないうちに脳疲労が蓄積します。

そんな時に利用して欲しいのがサウナ。

この記事に書いた『サウナの入り方』で脳疲労を取り除いていきましょう。

炎出丸(ヒデマル)
炎出丸(ヒデマル)

サウナを利用して脳のゴミを捨ててね!

この記事が少しでもあなたのためになってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました