忘れっぽい大人が記憶力を高める方法とは?トレーニングのやり方を紹介!

脳機能
当サイトの運営者

元J-NETWORKスーパーバンタム級チャンピオン。
『クロスポイント吉祥寺』所属。
現役17年目のベテランキックボクサーです。
格闘技を通し学んできたパフォーマンスアップ(体力、脳力、マインド)の方法を読者のみなさんにお伝えしていきます。

炎出丸(ヒデマル)をフォローする

こんにちは。

ベテランキックボクサーの炎出丸(ヒデマル)です。

みなさん普段生活をしていてこんなことはありませんか?

「取引先の社員の名前がなかなか覚えられない」「資格試験の勉強をしても覚えが悪い」「携帯をどこに置いたか思い出せない」などいろいろな場面で記憶力がもっと良かったらと思うことも少なくないでしょう。

炎出丸(ヒデマル)
炎出丸(ヒデマル)

私も物忘れには気をつけています、、、汗

一般的に脳は年齢を重ねていくと衰えていくと言われていますが、研究によると脳は何歳になっても成長できることがわかっています。

実際に脳科学者の加藤俊徳氏も著書で述べている。

そこで今回は記憶力を高める方法を紹介して解説していきます。

この記事を読むことで「記憶力を高める方法」が分かるのでぜひ最後までお付き合いください。

著者『加藤俊徳』

記憶力を高めるにはワーキングメモリを鍛えること!

結論から言いますと記憶力を高めるにはワーキングメモリを鍛えることです。

いきなり

「ワーキングメモリって何ー?」

って感じですよね(笑)

ワーキングメモリとは?

記憶を一時的に保存して処理できる容量のこと

イメージとして言えば自分が作業をする「机の広さ」みたいなものです。

机が広ければいくつかの書類を広げても余裕があり情報を整理しやすい。

逆に狭い机で書類を広げると情報がごちゃごちゃして何から作業して良いか分かりにくくなる。

もちろん机が広い方が余裕を持って作業できますよね?

ワーキングメモリとはそんな脳の容量のこと指す。

このワーキングメモリを鍛えて使える容量を広げていくことで、記憶力が良くなっていきます。

記憶力(ワーキングメモリ)を高める方法!

ワーキングメモリを鍛える方法にはいろいろありますが、今回は私がオススメする方法を5つ紹介します。

まず自分に合った方法を試してみて続けられそうなことから始めていきましょう!

記憶力を高める方法(昨日、一昨日の夕食を思い出す)

すぐにできるトレーニングのひとつで昨日食べた食事を思い出すこと。

「なんだそれだけかよ!」って思った方もいるでしょう。

しかし昨日の食事は思い出せても、一昨日の夕食がなかなか思い出せなかったりする方も多い。

記憶を呼び起こすことが脳の活性化につながりワーキングメモリを鍛えることができます。

記憶力を高める方法(暗算)

頭の中で数字を記憶することが求められる「暗算」はまさにワーキングメモリを強化する代表例。

例えば

28+16=?

これを暗算してみましょう。

繰り上がりの数字があり、それを頭の中で仮置きすることが必要ですよね。

この力がまさにワーキングメモリです。

なるべく計算は計算機を使わず暗算をしてワーキングメモリを強化しましょう。

記憶力を高める方法(有酸素運動)

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動でも記憶力が高められることがアメリカのピッツバーグ大学の研究で分かっています。

その理由は有酸素運動をすることで脳の記憶や学習を司る海馬の神経を増やす効果があるからです。

有酸素運動と言っても激しいスポーツを行う必要はなく1日30分のウォーキングでも脳の海馬の堆積が増加する。

ちなみにウォーキングを始めるなら朝のウォーキングをオススメします。

朝のウォーキングのオススメの理由はこちらの記事をご覧ください!

記憶力を高める方法(ボードゲーム)

チェス、将棋、オセロなどの「ボードゲーム」でもワーキングメモリを鍛えることができます。

ボードゲームでは一手先、二手先、三手先を読む必要があります。

相手の心理を読みつつ相手がこう動かすなら自分はこう動かそうなどと頭の中でいろいろシュミレーションしますよね。

この過程でワーキングメモリが鍛えられます。

遊びながら鍛えられるのでボードゲームはオススメです。

記憶力を高める方法(デュアルタスク)

私が1番オススメする記憶力の鍛え方はデュアルタスク。

デュアルタスクとは?

デュアルタスクとは運動と知的作業の二つの異なるタスクを同時に行うこと。

理由は運動によって脳に流れ込む血流が多くなり、脳に酸素が行き渡るからです。

そこでさらに知的作業をプラスすることでより脳が刺激され記憶力

例えばランニングやウォーキングをしながらオーディオブックを聞くとスムーズに理解できて記憶にも定着しやすい。

記憶力を高めるためには生活習慣も重要!

記憶力を高めるには生活習慣も大切です。

睡眠もしっかりとるようにしましょう。

なぜなら記憶は眠っている間に定着すると言われているからです。

睡眠不足や睡眠の質が悪いと記憶が定着しづらくなってしまうので睡眠はしっかりとるようにしてください。

睡眠の質を上げたい方はこちらの記事もご覧ください!

そして食事も大切です。

偏った食事ではなくバランスよく食べること。

特に青魚やナッツに含まれる良質な油(EPA、DHA)は脳の神経細胞同士の情報伝達を円滑にする栄養素なので記憶力に影響すると言われています。

良質な油についてはこちらの記事をご覧ください!

【まとめ】記憶力を高める方法!

いかがでしたか?

記憶力はいきなり大幅に向上することはありませんが、今回お伝えした方法を生活習慣の中に取り入れていけば高めることができます。

人間はやる気さえあればいくつになっても成長すると私は思う。

自分の可能性に自信を持って取り組んでいってもらえると嬉しいです。

今回紹介した以外にも記憶力を高める方法はあります。

脳機能のパフォーマンスをより上げたい人の為に脳トレプログラム3選を比較してみました。ぜひこちらの記事も一緒に読んでライバルに差をつけて下さい!

脳トレ3選の記事はこちら!

自分の付加価値を高めて豊かな人生を送りましょう!

この記事が為になったらぜひお友達にも紹介してあげてください!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました